乾燥が悪化すると、いつもと同じお手入れをしていても化粧水がしみたり、ピリピリしたり、かゆみを感じたり……。肌のバリア機能が低下することで敏感に傾いてしまいます。肌が敏感になったときは、いつものお手入れや生活を見直すとき。敏感肌用のスキンケアラインに変えたり、皮膚科などに相談し、早めの対処を行うことで、敏感肌を進行させないことが大切です。洗顔、保湿、そして保護。基本のステップは敏感肌でも同じです。
ただし、デリケートだからこそ、洗顔のときはこすり過ぎない、洗い過ぎないなどの基本のルールを守ることを忘れないように。自分の肌を守るのは自分自身です。乾燥肌も、敏感肌も毎日のお手入れがカギを握っています。